FC2ブログ

えあが好きだから

このブログは、『空気少女☆宇佐羽えあ』とのごくごく普通の生活を書き綴っております

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

環境強化

こえです。
b130424-001.jpg
しあです

こんばんは。

ハッピーさんやぜんざいさんに勧められましたカメラのレンズ。今日届きました。
さっそく装着してファインダーを覗いてみると、物がでっかく見えるのです。
えあの全身サイズを撮影するには部屋の大きさが足らない…っ!
そもそもそういう使い方するカメラじゃないのかもしれませんが、試しにしあを撮ったら、なんか上手そうな写真が撮れた(笑
これは全然種類が違うレンズのようで、ズーム機能とかはないけど、なんか妙に味のある写真が撮れる…気がしてきました。
お値段も数ある破局な値段のレンズ群に比べると安いので、私のような人間にはもってこいですね。




そうそう、一緒にライトも購入しました。
ひとつ1000円しない安いものですが、Amazonで高評価だったので買ってみました。
b130424-002.jpg

しかも2個(笑
とりあえず中の電球は元からついてきたものを使用してますが、最近は色んな種類の電球が出ているようなので、光についてもこれからいっぱい学んでいかねばなーっと思ってますです。

b130424-003.jpg

壁いっぱいの距離でこの写真。
何枚か撮ってみましたけど、シャッタースピードを早くしても手ブレがすっごく影響する…っと感じました。
本当はもっといっぱい撮ったんですけど、ほとんどが手振れや白すぎたりの写真ばかりでございました(笑
ちなみに最初のしあは三脚使ってます。三脚マジ神!


話しがらっと変わりますが、ジジさんところの記事から、えあ★ますたーさんの新しいブログを発見しました。いや、この場合発見ではないか。
ご丁寧に案内して頂きまつりました。
屋外にえあちゃんとデートをするほどの溺愛ぶりに、見ているこちらまで朗らかな気分になってしまいます。
そんなえあ★ますたーさんのブログはこちらです!
…って思ったけど、まだ許可取ってなかったんでジジさんのブログからどうぞ(/ω\)
関連記事

| ふぉと | 23:50 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

り・こめ~

とてもためになる技術をご教示頂きありがたいです!

>ハッピーさん
凄いレンズですがなかなかもってコツがいて難しい…。
バストショット…いい響きです(´∀`)
ホワイトバランスは調整が結構難しくてオートでずっとやってましたけど、ついにこれもマニュアルでやるようになるのか~。どんどん私、進化してそうです!


>ぜんざいさん
参考写真ありがとうございます。鏡を使うとは凄い!
けど、うちにはないよー(笑
三脚は確かにお高いのが良いと色んなとこに書いてありましたが、正直なんで良いのかが分かってません。外で撮る時にぐらつかないとかガッチリしてるとかくらいしか…
せっかく買ったので、当面は安物ですがこれでがんばっていきます!

| こえ(管理人) | 2013/04/27 01:42 | URL |

F1.8 うらやましいっ

レンズのお迎え? おめでとうございます。
ライトも買ったんですね。壁や天井に反射させて間接照明にすれば
柔らかいライティングで綺麗に撮れると思います。
私も同じようなライト2灯をメインに使っていますよ。
標準ズームと明るい単焦点レンズさえあれば、レンズの追加購入は
当分いらないでしょう。もし今後また撮影関連で高額な買い物を
するなら、2万円前後の本格的な三脚をオススメしますよ。
直接写真の出来映えに影響する物ではないのですが、
数千円の物と比べると、小学生の助手にカメラを支えてもらうのと、
マッチョマンにカメラを支えてもらうのぐらいの差があって、
撮影がかなり楽になります。安い三脚だと転倒してカメラやレンズを
破損する可能性も高かったりしますしね。
お父様がカメラがご趣味なのでしたら、余ってる三脚をもらえるかも?

ところで50ミリレンズを使う際に部屋が狭くて撮影距離が足りない
場合、大きめの鏡を使ってみるのはどうかなと考えてみました。
ナマコの掲示板の方に投稿してありますので、
よかったらそっちを見て下さい。

| ぜんざい | 2013/04/26 00:58 | URL | ≫ EDIT

50mmF1.8II届いたようですね
APS-Cのカメラだと50mmって焦点距離は若干望遠気味ですから室内だと等身大ドールの全身を撮影するには引き(被写体との距離)がチョット足りません
ですのでバストショット(上半身の撮影)向きのレンズではあります。

明るいレンズですので同じISO値でも速いシャッタースピードが使えるんですが手ぶれ補正とかはありませんのでそこは注意です。

ちなみに撮影用照明を用意されたようですが、それで撮影する際はカメラのホワイトバランスをオートでなくて手動で「白熱電球」のようなものに合わせることをお勧めします。
(しあちゃんの写真ちょっと赤っぽいでしょ?)

| ハッピー | 2013/04/25 11:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usahane.blog.fc2.com/tb.php/80-d8301909

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。